airliners.net審査却下理由まとめ

Last update:

Airliners.netの審査時のガイドラインについて、
Photo Acceptance Guide中のRejection Reasonsが大変分かりやすいため、
日本語要約にしてみました。
飛行機写真品質基準のガイドライン的なものですから、
今後投稿時のチェックリストとして使うのも便利です。
All images in this guide are copyrighted by Tim de Groot unless stated otherwise.

リジェクトの理由一覧:
1. Level
2. Blurry
3. Borders
4. Category
5. Centered
6. Color
7. Common
8. Compression
9. Contrast
10. Copyright
11. Dark
12. Dirty
13. Distance
14. Double
15. Editing
16. Error
17. Overexposed
18. Grainy (Noise)
19. Info
20. Over-sharpened
21. Motive
22. Personal Message
23. Photographer
24. Quality
25. Reupload
26. Size
27. Soft

1. Level
水平になっていないため、ローテーション調整が必要。
基本的に下記の写真のように、画面中央の建物などが垂直にならないといけない。

垂直の参照物がなければ、水平線を参照にしてもいい。
Level理由でリジェクトされる例は、下記となります。

下記はローテーション調整を行ったが、フレームが残ってしまったため、同じくリジェクトされるでしょ。(見辛いためクリックしてみてください)

コックピット内の写真、地平線もしくは景気パネルが水平になっていないため、リジェクトされるでしょ。

Image copyright Royal S. King
戻る

2. Blurry
ボヤケ。
原因は基本的にスローシャッタースピードか、浅い被写界深度か。
ただレタッチなどで編集ツールのSharpen機能である程度改善が可能。

スローシャッタースピードでリジェクトされる例:

ただもともとの写真はあまりぼやけすぎて、いくらレタッチしても無駄の例が下記となります。

この写真はover-sharpenedリジェクトになるでしょ。
戻る

3. Borders
airliners.netは写真の縁を許していないため、下記はBordersリジェクトになる。(見辛いためクリックしてみてください)

4. Category
写真のカテゴリメタデータが不正確である。
4.1 Nose Shots
この写真はNose Shots Categoryにすべき。

下記の2枚はNose Shots Categoryにすべきではない。

4.2 Dark Category
太陽が地平線の下に沈んだ後に撮影した写真はDark Categoryに投稿すべき。
なので下記はダメで、

下記はOK。

戻る

5. Centered
被写体は画面中央に配置すべきで、空白もできるだけ少ないように。なお、上下左右の空白サイズが一致すべきである。
それから、ウィングレットやエンジンや尾翼など重要なパーツは切れてはいけない。
満たさない場合は、Centeredリジェクトになる。
飛行機の重心を画面中央に配置する方法が一つのヒントになるかも。

下記は正しい例で、

下記はToo low in frameリジェクトで、

下記はToo high in frameリジェクト、

下記はLeft in frameリジェクト、つもり右側の空白が大きいためだ。

下記は中央配置ではないけど、背景中の2機飛行機を表現するため、許可可能な構図である。

下記も渦の表現のため問題ない写真だ。

同じく横風着陸を表現する構図で問題ない。

下記もテーマが明確なため問題がない。

戻る

6. Color
色の問題は二種類があって、一つがホワイトバランス設定で、もう一つが彩度調整がオーバーもしくは不足である。
特に夜間の撮影は、自動ホワイトバランスだと黄色っぽいなるので、青く設定しないといけない。

色設定が正しい写真:

青っぽい写真:

黄色っぽい:

赤っぽい:

緑っぽい:

彩度オーバー:

人為的白黒写真:

白黒写真は基本的にフィルムのみ受付されるが、DC3などレトロな飛行機なら許容可能。

夜間のホワイトバランス失敗例:

正しい例:

戻る

7. Common
すでにairliners.netに同様な飛行機がたくさん存在するため、投稿された写真がCommon(普通)である。
なので、提出前に必ずチェックして、同機種・機体番号・航空会社の機体が多く存在した場合、
よっぽど高い品質のものじゃないと、Common + QUALITYのリジェクトになるでしょ。

8. Compression
JPEG圧縮すぎたため、品質が低下。
圧縮率が低い例:

圧縮率が普通な例:

圧縮率が高い例:

戻る

9. Contrast
コントラストが低い場合は、白と黒がグレーに見え、全体的にフラットなイメージになる。
コントラストが高い場合は、写真が不自然になり、嫌味のあるものなる。
Contrastでリジェクトされた写真に対して、再度レタッチ調整するしかない。

下記写真の左側はコントラストが低いため、水洗いされたイメージになってしまう。
右側がコントラストが高いため、ディテールが失っていて、黒つぶれと白飛びになってしまう。
真ん中の部分は適切である。

10. Copyright
Copyrightを含めるテキストや画像が禁止である。

11. Dark
暗すぎ、もしくは露出不足。写真全体が適切に露出されても機体部分が暗い場合もDarkリジェクトされる

下記左側が露出正確だが、右側が明らかに露出不足。

下記は曇りのため光線不足で機体が暗すぎる。
空とのコントラストが低いため、Darkリジェクトされるでしょ。

逆光時に機体の露出不足もよくあるため、リジェクトされるでしょ。

Image copyright Hongyin Huo
戻る

12. Dirty
写真上の汚れは、Dirtyリジェクトに繋がる。
デジタルカメラのセンサーやレンズ上の汚れが原因となるケースがほとんどだが、
グレアや小鳥や小粒の雲などの可能性もある。

13. Distance
被写体から遠く離れた場合、Distanceリジェクトに繋がる。
あまり小さい場合は、いくらCropしても画質が改善しないので、再度提出してもQualityリジェクトになってしまう。

距離が遠い例:

切り抜き後はいい品質が得られた例:

下記は、明確なテーマがあるため、被写体が小さくてもいい写真である:


戻る

14. Double
似たような写真が提出された場合、Doubleリジェクトになる。
同じ日に、同じ飛行場、同じ時間帯で撮った同じ角度飛行機は複数投稿が許可しないため。

下記の2枚は、ほぼ同時に撮影したもので、


一番ベストな写真を選んで提出しないと、Doubleになってしまう。

下記の2枚も、ほぼ同時に撮影したものと思われる。

下記の2枚は、ほぼ同時に撮影したもので、左右から飛行機の両サイドを撮ったため、Doubleリジェクトにならない。

下記の2枚も、ほぼ同時に撮影したものと思われる。


戻る

15. Editing
レタッチによる問題はEditingリジェクトで、主な原因は:
1. 編集ソフトの使い方が不当で、例えば過度なノイズ低減によりディテールの失い、
もしくはハイライト/シャドウ調整により黒ツブレと白トビの発生など。
2. 意図的に何かを追加もしくは削除し、元の写真を大きく改変する事や特定な区域対してぼかし処理などは禁止される。

下記は、ハイライト/シャドウ調整後、シャドウ部のノイズが目たったため、Editingリジェクトされてしまう。

下記は、過度なノイズ低減により、芝生などの背景のディテールがなくなった

下記はノイズ低減ツール使用しない時の写真。ディテールはちゃんと残ってる。

なお、另外多重露光とHDRは禁止される。
戻る

16. Error
アップロード時にシステムエラーが発生した。
747jpg.jpgなどの同名ファイル名の可能性がありますが、大体再度提出すれば問題ない。

17. Overexposed
露光オーバー。
撮影時のカメラの設定問題がほとんどである。
露光オーバーの写真はディテールが残ってない可能性が高いため、レタッチしても治らない事が多い。
以下の4名は全部露光オーバーの失敗例。



暗いバックグラウンドに明るい機体がある場合は、マイナス露出補正が必要となる。

Image copyright: Eric Fortin
戻る

18. Grainy
粒子が荒い
高いISOかover-sharpen処理(特にお空など)か露光アンダーの明るく処理などが原因となるケースが多い

ISO800時のGrainy却下:

同じく高ISOの却下例:

Image copyright Hongyin Huo

お空の中に小さいな粒子が見えるけど、許容できるレベルだが、

over-sharpen編集で、粒子が荒くて、リジェクトされてしまう:

距離の遠い時に、

Crop処理で構図が改善されたが、

粒子が荒いため、Grainyリジェクトされてしまう。

露光アンダーの写真について、

明るさ調整されたけど、上部グレー部分について粒子が荒いため、Grainyリジェクトされてしまう。

戻る

19. Info
アップロード後のメタ情報が不正確のため。たとえば航空会社名や撮影日時や機体番号など。

20. Over-sharpened
シャープをかけ過ぎてしまったため。
通常Sharpen処理で直線などはジグザグになることが多いため、Over-sharpenedリジェクトになってしまう。
Photoshopのレイヤーでシャープをかけたあと、ジグザグを消したら改善される事が多い。

下記はシャープ処理なしの写真で、Softリジェクトになるが、

適切なSharpen処理後、シャープネスが望ましい結果となった。

軽いOver-sharpenedリジェクト例:

重度なOver-sharpenedリジェクト例:

戻る

21. Motive
撮影動機が明確でないといけない。
記念写真的な作品は当然駄目だし、障害物によりランディングギアやエンジンなどを隠した場合もNG、
ただパイロットが手を振ってくれたから撮ったものがNG、
カバーのかけた機体もNG、
エアショーの地上展示時にフェンスが写ったもNG
空撮時に機体の一部や空港などが見えるようにしないといけない、
窓の反射が映ったらNG。

機体情報がなく目的が不明確が写真例:

障害物のある例





手を振るNG例

Image copyright: Hongyin Huo
偶々手を振ったが、主題があくまで飛行機ので、以下は問題ない:

Image copyright: Ricardo Morales Centeno
これも問題ない

グラスの反射があったのでMotiveリジェクトになってしまう

Image copyright: Royal King

Corpの目的が不明確で、バランスが悪いため、Motiveリジェクト。

水平尾翼が切れてしまった。Motiveリジェクト。

下記は、機体全体が見える状態のため、問題ない。

水平尾翼の先っぽが切れてしまった。Motiveリジェクト。

水平尾翼が切れてしまったが写真全体がバランスが取れてるため、問題ない。

下記目的不明確なエンジンのクローズアップは、Motiveリジェクトになってしまう。

エンジンとランディングギア、それからファンブレードも見えていてテーマが明確で問題ない。

同じく目的不明確なエンジンのクローズアップで、Motiveリジェクト。

日付が入ってしまったため、Motiveリジェクト。

空港がないため、空撮としては許可できない。

機体が明確に見えるため、Motiveリジェクトにならない。

機体の特徴がよくわかる写真のため、Motiveリジェクトにならない。

一部ランディングギアがCorpされたため、Motiveリジェクト。

一部ランディングギアがCorpされたが、機体特徴や構図のバランスが問題ないため、Motiveにならない。

キャビン内の写真についてアングルがあまり低いため、全体が見えない。Motiveリジェクト。

キャビン全体が見えるため、Motiveにはならない。

人物と飛行機があまり関係性がないため、Motiveリジェクト。

Image copyright: Ricardo Morales Centeno
人物と飛行機は主題が明確であるため、Motiveリジェクトにはならない。

戻る

22. Personal Message
審査員から個人への補足メッセージで、課題点を詳しく指摘用。
CW: Clockwise Rotation 時計回りのローテーションが必要
CCW: Counterclockwise rotation 反時計回りのローテーションが必要
Q or Qual: Quality, referring to the quality rejection 写真品質が低い
OE: Overexposed 露光オーバー
OS: Over-sharpened 写真かけすぎ
LIF: Low in frame 構図が低い
HIF: High in frame 構図が高い
Top right: DIRTYの場合は、右上は汚れがある
Flat: コントラストが足りない
S/H: 黒ツブレと白トビ
Hot: 露光オーバー

23. Photographer
投稿者が撮影者ではないを疑う場合のリジェクト。

24. Quality
複数原因によるの品質問題がある。
たとえば、粒子が荒い、ボヤケ、暗いなどの問題が同時に存在。
大体Qualityの場合は、元の写真に対して最初からレタッチすべき。

陽炎があると、ほとんど修復不可。以下の2枚はその例である

切り抜き後解像数が減少していて、レタッチしてもいい品質が得られない例。

Image copyright: Ben Wang

携帯電話からの撮影は、品質には無理がある。

Image copyright: Ben Wang
戻る

25. Reupload
前回リジェクトされた写真からたいしか変わらないため。
この行為が繰り返したら一定期間の投稿禁止処罰となる。

26. Size
サイズが小さい、もしくは縦横の比率が小さい。
たとえば、横長の時に縦横の比率が16:9と4:3の間であるべき。
縦長時に、3:4と2:3の間である。

27. Soft
ソフトとは、ボヤケやピンぼけではなく、シャープネスが足りない。

Softリジェクトの例:

適切なシャープ設定:

オーバーの場合:

過度オーバーの場合:

戻る

以上